教育目標
1 学校教育目標

 病気や障害を乗り越え,未来に向かい希望をもって心豊かにたくましく生きる児童・生徒を育てる。                          

 

    【児童生徒像】・進んで学び,最後までやり抜く児童生徒

           ・思いやりの心を持ち,仲よくする児童生徒

           ・健やかで,明るく生活する児童生徒 

    【教師像】  ・児童生徒の気持ちに寄り添い,大切にできる教師

           ・一人一人をしっかり見つめ,学んで指導する教師

           ・人間性が豊かで自分の感動を分け与える教師                           

    【学校像】  ・児童生徒の個性を伸ばし,心を育む学校

           ・専門性を磨き,発達に根ざした教育を展開する学校

           ・病院や地域との連携を大切にした信頼のある学校

 

2 学校経営方針

 〇教育公務員としての確固たる使命感と信念を持ち,新たな時代に相応しい特別支援教育の創造と発

  展に努め,児童生徒一人一人の夢や願いがかなう学校運営に当たる。

 〇一人一人の病気や障害の状態,心身の発達に応じた適切な教育に努める。

 〇これからの時代を豊かに生きるため,実生活で生きて働く知識及び技能,未知の状況にも対応でき 

  る思考力・判断力・表現力,学んだことを生かす力を育成する。

 

3 本年度の努力目標

(1)豊かな心と健やかな体を育てる教育

   〇豊かな心を育むため,望ましい生活態度や言語環境を整えるとともに,自らの思いを伝える言

    語活動や体験学習の充実を図る。

   〇健やかな体を育てるため,児童生徒の発達段階を踏まえ実態に応じながら,運動制限の中に

    あっても充実した学校生活を過ごせるよう運動に親しむ機会や体験の幅を広げる。

 

(2)一人一人の実態と教育的ニーズに応じた学習指導の充実

   〇学習指導要領移行期を踏まえた教育課程編成のもとに,児童生徒の個に応じた創意工夫のある

    学習活動を展開する。

   〇ICT機器等の有効活用による環境整備を推進し,児童生徒の実態に応じて,ICTやAT教

    材を活用した多様な学習活動の実践に努める。

 

(3)教職員一人一人の指導力と専門性の向上

   〇共同研究テーマに基づく授業研究を計画的・継続的に実施し,有効な指導内容・方法,評価の在り

    方を検証して主体的な研究推進を図る。         

   〇宮城県教員研修マスタープランを参考に研修会への参加や現職教育等を通して,特別支援教育に

    関する専門性の向上に努める。

 

(4)地域や社会から信頼される学校づくり

   〇児童生徒の障害や病気の状態を的確に把握した適切な指導ができるよう,宮城県立こども病院   

    (本館・拓桃館)との情報共有や支援の協働を積極的に行う。

   〇必要に応じて前籍校を中心とした居住地校学習を着実に行い,児童生徒が地域の中で安心して暮

    らせるためのスムーズな移行支援を行う。

 

(5)県内唯一の肢・病併置特別支援学校としてのセンター的機能の推進

   〇県内の肢体不自由教育・病虚弱教育の充実のため,幼稚園・保育園,小中学校,高等学校及び保

    護者に対する支援(相談,研修,情報提供)及び理解啓発を積極的に進める。

   〇肢・病併置校として,本校の児童生徒や地域の特別支援学級の進路指導や自立活動,志教育の授

    業改善にも生かせる進路情報等の収集に努める。

 

(6)安全安心な学校づくり

   〇肢・病併置校を踏まえ,専門家による感染対策に向けた講話や実践を通して,衛生管理の知識理

    解を図り,組織的に危機管理を徹底する。                      

   〇宮城県立こども病院(本館・拓桃館)との総合防災避難訓練の実施や双方の基本指針の確認を行

    い,互いの防災マニュアルを改訂しながら確実な組織体制づくりに努める。

 

(7)学校における働き方改革の検討

   〇勤務時間を意識した中で,教育的効果を得られる活動を実現するため,2期制や学校行事の日程

    設定を含めた在り方について,教育課程委員会を中心に検討する。

   〇勤務時間管理及び業務改善の促進を図るための一つとして,『新校務支援システム』を活用し,

    効率的な情報共有や打合せ時間の短縮,教材や特別教室の有効利用に努める。 

 

    学校教育目標・経営方針・努力目標.pdf